アフターピルの避妊に使われる理由

reasonの文字

避妊をするために使われる避妊薬としてアフターピルが存在します。

アフターピルの使用方法は性交為が終わった後に使われます。ですが沢山の避妊方法が存在するのにもかかわらずアフターピルを選ぶ人が多いのでしょうか。

アフターピルは性行為が終わった後に飲めて、コンドームよりも高い避妊効果を発揮してくれるという手軽な上に避妊効果もあるため選ばれているのです。
ルーペで錠剤を観察
また女性がおこなう避妊法は他にも、卵子の通り道である卵管を切断してしまう避妊手術や避妊具を子宮内に取り付けるIUSとIUDという方法、基礎体温を測り排卵日を予測して危険日を避けるリズム法、毎日決まった時間に服用する低用量ピル等の方法が存在します。

しかし、避妊手術もIUS・IUDの方法はメスを使用したり、お金が掛かってしまいます。

リズム法ではストレスなどの影響も受け、体温の変動し排卵日が見つけにくくなるため確実ではありません。

低用量ピルは少量の成分を毎日服用することで避妊をしてくれますが、服用をから最低でも1週間後からしか避妊効果が出ませんので性交後に慌てて服用しても効果がないのです。

また、現代の女性は社会進出もしていて時間が不規則なため同じ時間に服用するのが難しかったりするのです。

その点アフターピルは体にメスを入れず、時間を選ぶことなく確実に避妊効果を発揮してくれるのです。

しかしその反面、副作用が強く出てしまう女性もいます。
強い頭痛が起こっている女性
緊急で妊娠を回避するのでその分、体にも負担が大きいのです。

元々のホルモンバランスを壊して強制的に避妊をするので体が拒否反応を起こしてしまい副作用が起こってしまいます。

ですが最近では副作用が抑えられ避妊効果も高いアフターピルも出てきています。

また日本のジェネリック医薬品にも認定されているアフターピルも存在します。

男性だけの避妊に頼るのではなく女性も避妊を積極的にできる時代になってきたと言えます。